トイレは家の中でも常に汚れを意識する場所ですね。
臭いも他の部屋より独特です。

狭いスペースな分、ついつい大した汚れを見ない内はササっと掃除で済ませてしまいがちですが、気付くと頑固な黒い水垢が出来てしまいます。
汚れが頑固だと落とすのも当然大変(+o+)
黒い水垢の対処法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

トイレの黒い水垢の原因

 
トイレの汚れはとても複雑です。
水がよく溜まる場所や跳ねる場所には水垢が付着しやすくなりますし、尿汚れが付く部分には黄ばみ汚れが付いてしまいます。
家族の出入りが多い分ホコリや髪の毛といった日常生活で出るゴミも入りやすく、カビが好む湿気と温度も保たれていますね。

様々な汚れにカビや雑菌が入り混じる空間はキッチンやリビングと同様にいつも清潔を意識して使っていると思います。
でもちょっと油断をするとすぐに汚れが目立ち始めるんですよね。
しかも黄色かったり黒かったり、なんだか色自体も汚さを演出しているよう(;^ω^)

タンクの上の水受け部分や便器内には汚れが酷くなると黒ずみが目立ってきます。
水が接する場所ですから水垢でしょうか?
水垢なら擦り洗いをすれば落ちそうなものですが、黒い水垢になるとこれがなかなかしぶといんですよね。
トイレ用の洗剤をかける位ではビクともしません。

黒い水垢は水垢に黒カビが混ざったものなんです!
どうりでしぶとい訳だ・・・と妙に納得してしまいますが、これが本当に厄介(>_<)
ツルっとした便器内でも時間と共に水垢がこびりつき、そこに黒カビがしっかりくっ付いて繁殖してしまいます。
黒ずんだトイレなんてどれだけ雑に使っているのかと疑われてしまいそうですから、早急に何とかしたいですね。
Wの汚れに対抗するにはトイレの汚れに特化した洗剤を選ぶのがおすすめ。
作戦はひとつとは限りませんから、いろいろな可能性からアタックしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

トイレの黒い水垢を落とす方法

黒い水垢の正体がわかったところで、どうやって落とすかが問題ですね。
水垢はアルカリ性の汚れですから酸性の洗剤で中和するのがおすすめです。

便器内の汚れであれば尿汚れも混ざっているかもしれませんね。
尿石で固まってしまって落としづらくなっている可能性もあります。
尿汚れもアルカリ性ですから、まずは酸性のトイレ洗剤を使って汚れを浮かせて落としてみましょう

 

必要な物

酸性洗剤で汚れを柔らかくして落とすのが目的になります。
ブラシでゴシゴシと擦りたくなりますが、あまり硬いものを使うと便器を傷付けてしまうかもしれません。
柔らかめのブラシを選ぶようにしましょう。

 

  • トイレ用の酸性洗剤
  • トイレブラシ
  • トイレットペーパー
  • ゴム手袋

 


Amazon.co.jp

 

トイレブラシのおすすめはこちらの記事を参考にしてみてください(^-^)

 

落とす手順

黒ずみが出始めたばかりであれば、ブラシで擦るだけでも汚れが落とせるかもしれません。
便器のフチ裏など見えない部分にまで黒ずみを発見した場合は、汚れが頑固になっている可能性もありますから、しっかり洗剤を馴染ませて落としていきましょう。

 

  1. 汚れに酸性洗剤をかける
  2. 流れてしまう場合はトイレットペーパーを湿布の要領で貼り付け洗剤を染み込ませる
  3. 1時間ほど時間をおく
  4. 水でペーパーごと一旦流す
  5. ブラシで軽く擦り洗いをする
  6. もう一度水で流す

 

 
酸性洗剤でも落ちない場合は黒カビを除菌する方法で試してみましょう。
ただし、酸性洗剤を使った日はカビキラーなどの塩素系洗剤は使用できません。
間違って塩素系洗剤と酸性洗剤が混ざると有毒ガスが発生して健康被害に及んでしまいます
必ず日にちを開けて使うようにしましょう。

カビキラーは泡タイプですから黒ずみに直接かけて5分程時間をおいて流せば真っ白な便器になりますよ。
成分が強力ですから、必ず換気をして使いましょう。

 

トイレの黒い水垢の予防策

トイレの黒ずみは時に「サボったリング」なんて呼ばれて主婦としては全く嬉しくない扱いを受けますね。
でもサボらなければ目にしないのは確かなんです。
言い訳出来ないリングなんですね(;^ω^)

単なる水垢の場合は水滴を残さないようにして拭き取ることが予防になります。
タンクの上の水受け部分ならまだしも、便器の中は使用する度に水が入れ替わりますから水滴というよりも雑菌の繁殖を意識した方が良いかもしれませんね。

出来れば簡単でも毎日ブラシで擦り洗いをするのが1番ですが、忙しい時はちょっと苦になってしまいます。
しっかり掃除をする曜日は決めておいてそれ以外の日は除菌用のアルコールスプレーをかけたり、起き型タイプの洗浄剤を使っても良いですね。

黒ずみを出来にくくしてくれますから、掃除も楽になりますよ。
トイレ掃除を楽にしてくれるアイテムは色々ありますから、自分に合った物を試してみるのもおすすめです。

 

Amazon.co.jp

 

まとめ

トイレ掃除は毎日していれば「サボったリング」なんて目にすることもありません。
でも毎日から1日おき、2日おきと日にちが伸びていくと黒い水垢のリスクが高まりますね。

何が何でも毎日やらなくては!と力を入れる必要はありません。
ずっと真面目に掃除をしていても体調が悪い時だってあります。
仕事が忙しく家事まで手が回らない場合もありますね。

定期的なお掃除は欠かせませんが、水垢やカビの繁殖を抑える工夫を心掛けるだけで掃除の手間もずっと軽減できるはずです。

  • 汚れは見つけたらすぐに拭き取る
  • 水が跳ねたらそのままにしない
  • 1日の最後に除菌をする

気付いた時に対処がされていれば目立った汚れに悩むことは無くなるはずです。
便利な掃除アイテムも使って無理なく気持ちの良い空間を維持したいですね。

 

トイレ掃除にはこちらの記事も参考にしてみてください(^-^)

 

スポンサーリンク