殺風景なトイレを飾るにも素足のままトイレに入るにもトイレマットがあると便利ですね。
その分尿などの飛び散りによる雑菌も気がかりです。
出来るだけお天気の良い日には天日干しをしていても、やっぱり丸洗いしなければ繊維の奥まできれいにはならないような・・・(;^ω^)
トイレマットのおすすめの洗濯方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

トイレのマットを洗濯するタイミング

場所がらトイレは常に清潔を心掛けたいですね。
家族が頻繁に使い、雑菌も多いところですから生活空間にそれを持ち込みたくはありません。
使用後の手洗いはもちろんですが、トイレの便器以外の部分に雑菌や汚れが付着していては見えない汚れが家中に広がってもおかしくはありませんね。
汚れが増殖する前に掃除を済ませるのが鉄則と言えそうです。

トイレマットは1枚敷いてあるだけで何となく直で床を踏むよりもきれいな気がします。
尿が飛び跳ねても目立たないのが実際は良いのか悪いのか・・・(;^ω^)
埃が立っても布が吸着してくれるメリットはありますね。
髪の毛やホコりが目立たない分、きれいさが増して見えるのかもしれません。

掃除機で吸い取れる小さなゴミなどは良いとしても、気になるのはトイレ特有の汚れです。
尿の飛び跳ねによって散った汚れは放置していると悪臭の原因になってしまいます。
衛生的にも気になりますね。
トイレマットを洗濯するタイミングはご家庭によって様々ですが、ある程度汚れが気になった時がべストなのかもしれません。

 

ホコリがたまった時

マットが敷いてあると溜まったホコリも気付きにくいですが、それだけ雑菌の繁殖場所として狙われています。
水分も常に近い位置に存在していますから、単なるホコリから黒ずみになりやがてカビへと変貌してしまう可能性もあります。

毎日頻繁に家族が出入りする場所ですから、ホコリは溜まって当然の場所。
ホコリを溜め込まない内に洗濯したいですね。

 

湿っぽくなった時

マットがあると安心してトイレにも素足で踏み込めますが、ふと足を置いた場所に湿り気を感じたらすぐに洗濯をした方が良いですね。
何の湿気かは追求したいようなしたくないような・・・微妙な心持ちにはなりますが、マットはすぐに剥がして床面も除菌シートなどで拭いておきましょう。

湿気は汚れを巻き込み雑菌を増殖させてしまいます。
悪臭の元にもなりかねませんから、洗濯して良く乾燥させたいですね。

 

尿汚れが付いた時

点々と何かが垂れたような跡はもう尿汚れですよね。
家族に男性がいて立って用を足していたり、トイレに慣れていない小さなお子さんが使った後は要注意です。
女性でも便器から外れてしまうことはあるようですから、油断はできませんね。
尿汚れが付いたしまった場合もすぐに洗濯をしましょう。

 
トイレの気になる臭い対策にはこちらの記事も参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

トイレマットを洗濯する方法

トイレマットは個別で手洗いがおすすめです。
洗濯機でも洗えますが尿汚れなどたとえ目に見えて付いていなくても、衣類を洗うのと同じ洗濯機を使うのには抵抗を感じてしまいますね。

洗濯機を使う場合は一度クエン酸で付け置きをすると除菌対策になります
水1ℓに対しクエン酸小さじ5杯でクエン酸水を作って2時間ほどつけ置きます。
その後よく成分をすすいでから洗濯機で洗いましょう。
でもそこまでするなら手洗いとあまり工程は変わらないかもしれませんね(^-^;

洗濯を始める前にホコリやゴミなどは外で払うか掃除機を使って吸い取っておきましょう
髪の毛などはコロコロを使って取り除くのもおすすめです。

 

酸素系漂白剤を使う場合

洗剤は普段の洗濯用洗剤を使っても良いのですが、除菌消臭効果のある酸素系漂白剤を使うと仕上がりも良くなりますよ。
洗浄効果をあげるセスキ炭酸ソーダも合わせて使っていきましょう。

 

洗い方の手順

  1. バケツに40~50℃のお湯を用意する
  2. 酸素系漂白剤をカップ1/2、セスキ炭酸ソーダを大さじ3杯入れて溶かす
  3. トイレマットを入れて揉み洗いをする
  4. 2~3時間ほどつけ込む
  5. 水ですすぎ洗剤成分を流す
  6. 水気を切って風通しの良い日陰に干す

 

 

尿臭対策の洗剤を使う場合

市販の洗剤にも介護用など尿臭対策用の洗剤があります。
消臭はもちろん除菌効果も高いですからトイレのマット洗いに利用しても良いですね。


©Amazon.co.jp

 

洗い方の手順

  1. バケツに40~50℃のお湯を用意する
  2. 洗剤に表記されている規定量の洗剤を入れる
  3. トイレマットを入れて揉んだり押したりして汚れを落とす
  4. 水ですすぎ洗剤を流す
  5. 水気を切って風通しの良い日陰に干す

 

きれいに洗った後は脱水だけ洗濯機を使っても良いですね。
ただ長くかけすぎると型崩れしてしまうため、使用する場合は短めにして切り上げるようにしましょう。

 

トイレマットの洗濯が面倒なら「敷かない」という選択肢も

 

トイレを頻繁に掃除するならトイレマットを敷くと毎回どかさなくてはいけないし、積もったホコリなども払わなくてはいけません。
いっそなくしてしまった方がスッキリきれいな気もしますね。
初めはトイレマットを使っていたけど、面倒になってやめたと言う人も多いようです。

でもトイレマットがあると足元も冷えないし、汚れも目立たず空間のアクセントにもなります。
メリットとデメリットを天秤にかけて暮らしやすい方を選択するのが良いですね。

来客時だけフカフカのマットを出して敷いておくのもありだと思いますよ(^-^)
いつもきれいにしているんだなと思ってもらえそうですよね。

 

まとめ

トイレってそのお家もしくは家事全般をしている人の性格を表している場所なのかもしれませんね。
もちろんリビングや玄関も趣味に凝ったインテリアにしていたり、清潔さは常に心掛けていると思います。
でもトイレほど汚れに直面している空間もそうありませんよね(;^ω^)

落ち着ける空間にするには清潔が大事。
でも無機質な空間ではつまらない。
自分以外も必ず利用する場所をどのように演出してそれを維持するか、なかなか悩ましいものです。

忙しい時はもうマットは敷かず掃除のしやすさ優先でも良いと思います。
マットの温もりがやっぱり必要と思ったら、敷いて長くきれいに使えるように定期的に洗濯をしていきましょう。

ちょっとおしゃれなマットがトイレのフタやペーパーカバーとお揃いになっていると素敵ですよね。

 

トイレの清潔を維持するにはこちらの記事も参考にしてみてください(^-^)

 

スポンサーリンク