ウッドデッキがあると何となく暮らしに余裕が持てる気がします。
実際は忙しくて場所を有効活用できていないかもしれませんが、外と家の境に木目のデッキがあるだけでどこか癒されるよう(#^^#)
でも外で雨風を受けているウッドデッキは日に日に劣化していきます。
日頃のお手入れが大切ですね。

 

スポンサーリンク

 

ウッドデッキ掃除におすすめのモップと洗剤

ウッドデッキの掃除といえば水をまいてブラシなどで汚れを擦るイメージですよね。
でも固いブラシでゴシゴシ擦り洗いをすると表面を傷つけてしまうかもしれません。
ウッドデッキは天然木や樹脂が練り込まれた人工木材で作られています。
人工木であれば天然木よりも耐久性はありますが、それでも力任せの掃除では表面の塗装が剥がれてしまったり、劣化を早めるだけとなってしまいます。

掃除は表面に付いた汚れを落とす程度で十分です。
わかっていてもついこびりついた汚れを目にすると夢中で擦ってしまいますね(;^ω^)

普段使いの掃除道具としてはデッキブラシよりもモップがおすすめです。
家の中の雑巾がけと同じようなイメージでウッドデッキも拭き掃除でお手入れをしましょう。
表面のホコリや汚れを優しく拭き取ると傷はつけずに過酷な外におかれた環境での劣化を抑えられます。

 

おすすめのモップ

加工された木材は表面に様々なコーティングはしていても、雨風乾燥紫外線などからの刺激でダメージを受け続けています。
家の中にある木製の家具でさえ湿気の多い日は素材が膨張して開け閉めがしづらくなったりしますから、外のウッドデッキともなればメンテナンスは欠かせませんね。

湿気にゴミや汚れが重なれば人工木であってもカビが生えやすくなってしまいます
ジュースやお菓子など食べ物や飲み物をこぼしてしまうと虫なども寄り付いてしまいますね。
まずはしっかり拭き取って汚れを取り除くように意識しておきましょう。

床面の拭き掃除に便利なのはやっぱりモップですね。
ウッドデッキの掃除用に1本モップを用意しておくと屈んだりせずに汚れが拭き取れるので楽ですよ。
全体のお掃除にも水をまきながら表面を優しく流すのに便利です。

 

アイリスオーヤマ回転モップ KMO-490S  ¥3,780(税込)~


楽天市場

広い範囲の掃除には洗濯機能が付いていると便利ですね。
汚れをすぐにすすげて水場を往復しない分時短掃除が可能です。

 

ヨリクロモップ一式セット ¥2,850(税込)~


楽天市場

ハンドル・クリップ・モップ部分がそれぞれ取り外せるので収納に便利です。
モップ部分にはマイクロファイバーが編み込まれているので細かい汚れもキャッチしてくれますよ。

 

おすすめの洗剤

ウッドデッキに付いた汚れは砂埃など水で落とせるものが大半です。
定期的に掃除をしていれば水だけで洗い流せますが、中にはこびりついて落ちない汚れも・・・(>_<)
無理に擦れば余計な力が入りウッドデッキの表面に傷をつけてしまうかもしれませんから、洗剤で汚れを緩めてから落とすのがおすすめです。

使う洗剤は住居用の中性洗剤を選びましょう。
キッチン用の洗剤を薄めて使っても良いですが、定期的に掃除を繰り返すのであれば専用の洗剤を用意しても良いですね。

 

屋外木・石材洗剤 クスミトール ¥889(税込)~


楽天市場

屋外の汚れに適した洗剤です。
ウッドデッキだけでなく玄関タイルにも使えるので便利ですね。

 

アサヒペン デッキ・ベランダ用ガーデン洗浄剤 ¥584(税込)~


楽天市場

油汚れにも対応しているので、食べこぼしのシミなどもきれいに出来ます。
生分解性なので環境に優しく安心ですね。

 

スポンサーリンク

 

モップでウッドデッキを掃除する方法とコツ

ウッドデッキは天然木製のものと人工樹脂製のものがあります。
それぞれにメリットデメリットはありますが、お手入れの面では人工樹脂製の方が優位と言えそうです。
人工樹脂とはいえ樹脂に木の粉が混ぜられていますから木製と同じようにシミやカビなども発生します
湿気や乾燥による反り返りやひび割れなどは避けられますが、どちらにしても定期的なお掃除は欠かせませんね。

ウッドデッキの汚れは屋外ならではの汚れやスペースの使い方によっても差がありますね。
靴跡や植木鉢を置いていた跡、食べ物や飲み物をこぼしてしまえばシミになってしまうかもしれません。
場所によってはずっと日陰で湿っぽく、コケなどが繁殖しているところがあるかもしれませんね。
基本的な掃除方法をご紹介します。

 

軽い汚れの場合

比較的汚れが軽い場合は洗剤を使わなくてもきれいに出来ます。
表面に付いた砂や埃を払い、木目や板と板の間に詰まったゴミや汚れをかき出します

 

  1. 植木鉢などウッドデッキに置いている物を一旦片付ける
  2. ホウキで全体を掃く
  3. 木目に沿ってモップで水洗い
  4. 水分は残さないように拭き取って良く乾燥させる



 

ひどい汚れの場合

水洗いだけでは落ちない汚れがあれば洗剤を使って掃除をしましょう。
素材を傷めてしまう可能性がありますから、成分の優しい中性洗剤を選びます。
ウッドデッキ専用の洗剤を使わない場合は原液のままではなく、水で薄めて使うと良いですね。

 

  1. 汚れ部分に洗剤をかける
  2. モップで擦る
  3. 洗剤が残らないように水洗いをする
  4. 固く絞った雑巾やモップで水分を拭き取る
  5. よく乾燥させる

 

ウッドデッキの汚れがモップで落ちない場合

モップは柄が長く広範囲でも疲れずに掃除ができますが、効果は拭き掃除と同じでこびりついた汚れには太刀打ちできない場合があります。
固いスポンジやブラシなどでゴシゴシ擦りたいところですが、下手に傷をつけてしまうとそこから劣化が進んでしまいます。

長くきれいな状態をキープするには掃除が欠かせませんが、素材を傷めずにきれいにしなければ意味がありませんね。
モップ以外での掃除方法も確認しておきましょう。

 

たわしやデッキブラシを使う

こびりついた汚れは人工樹脂であっても木目模様の溝に深く入り込んでいます。
溝や板の間など向きを合わせて掃除をしましょう

デッキブラシは体重をかけて強く擦るのはNGです。
洗剤をかけて十分汚れを柔らかくしてから、木目や溝の方向に合わせて軽く前後に動かして汚れをかき出します。

たわしはピンポイントの汚れを落とすのに便利ですね。
洗剤の成分もあまり広げるとすすぎ落とすのに水と労力を使いますから、ポイントごとに掃除をするのがおすすめです。

 

高圧洗浄機を使う

高圧洗浄機があればウッドデッキのしつこい汚れにも便利です。
ただ天然木の場合は素材によって凹みが出る可能性がありますから注意したいですね。

強力な水圧で汚れを飛ばしてくれますが、その分周囲への水はね大きな音がしますからご近所への配慮は忘れないようにしましょう。

 

まとめ

ウッドデッキは庭のような部屋の一部のような、外と中の間の曖昧な空間ですね。
フラットに続く空間がホコリや泥で汚れているとあまり利用しなくなってしまうかもしれません。
素敵に演出できるはずの空間はいつも清潔にして活用したいですね。

外の汚れが付着するウッドデッキはゴシゴシと強く洗ってしまいたくなりますが、優しく拭き掃除をするのがおすすめです。
表面に付いた汚れを流せば素材を傷めずに長く使えます。

木目が際立つきれいなウッドデッキで快適な時間を過ごしましょう。

 

人気の樹脂製ウッドデッキの詳しいお手入れ方法はこちらの記事を参考にしてみてください(^-^)

 

スポンサーリンク