自分の家は棚に上げて、他人のお家にお邪魔した時になんとも言えない臭いを感じることがあります。
住んでいる人にとっては当たり前でも他人だからこそ鼻につく場合もありますね。
もしかしたら我が家もお客様にとっては臭う家なのかもしれない!?
せめて良い香りだけが漂うように嫌な臭いの元はシャットアウトしたいですね。
 

スポンサーリンク

 

ゴミの臭いが原因の場合と対策

何が1番クサいと感じる臭いかと言えばやっぱりゴミ。
オフィスのように紙ゴミばかりなら異臭も感じませんが、生活空間で排出されるゴミはあらゆるものがミックスされます。
ゴミの分別で仕分けはされていても、臭いだけは空気中に漂って充満してしまうものですから厄介ですね。

でもゴミの臭いは住んでいる人にとっても居心地の悪い臭いに違いありません。
蓋つきのゴミ箱を使って密封していたり、こまめに収集に出すなどそれぞれ工夫をしているはずです。

それでも臭ってしまうにはゴミの扱いに原因があるのかもしれません。

 

生ゴミからの臭い

キッチンから出る生ゴミは長時間放置しておくと雑菌も繁殖してますます強い臭いを放ちますね。
新築マンションなどに備え付けのディスポーザーがあれば問題はありませんが、それはごく一部のマンションの話でまだまだ生ゴミと格闘しているご家庭が大半だと思います。

生ゴミは野菜カス自体からも水分が出ますし、キッチンで水仕事をしていれば常に水分が発生する環境に置かれています。
雑菌が好む環境に絶好のエサとなる生ゴミがあればあっという間に悪臭へと変化してしまいますね。

生ゴミは溜め込まずに毎回袋に入れてしっかり口元を縛って捨てるようにしましょう。
その際水分はできる限り切って捨てると腐敗を抑えられますよ。

予算と置き場所の都合が合えば生ゴミ処理機を購入するのも便利ですね。

その他のゴミの臭い

ゴミの臭いは生ゴミだけとは限りません。
ご家族でタバコを吸う方がいれば、タバコの吸い殻も全くタバコを吸わない人にとっては嫌な臭いでしかありませんね。

また色々なゴミを混ぜて捨てていると異臭が発生する可能性があります。
使い終わった洗剤や微かに残った化粧品など、知らずに混ざってしまうと危険な場合もありますから、1度水ですすいでキレイな状態にしてそれぞれ分別して捨てると良いですね。

 

ゴミ箱自体の臭い

意外に多いのがゴミ箱自体に臭いが染みついてしまっているケースです。
ゴミはゴミ箱に入れて安心してしまう部分も大きいと思いますが、ゴミ箱の衛生状態が悪いと臭いの元になってしまうんですね。

文字通りクサい物に蓋をし続けていると、ゴミの臭いがすっかり材質に溶け込んでしまいます。
ゴミ袋に穴が開いているのに気付かずにいる事もあるかもしれませんね。

ゴミ箱は数か月に1度中性洗剤を使って洗い、しっかり天日干しをすると良いですね。
毎日の臭い対策に粉末のクレンザー重曹を底部に敷き詰めておくと効果がありますよ。
 

スポンサーリンク

 

シンクが原因の場合と対策

毎日使うシンクは料理をするため食材や油を始め様々なスパイスや調味料などを扱い、良い意味でも悪い意味でも家庭の臭いの元となる場所ですね。
調理中に漂う臭いは食欲をそそるもので、空腹時には期待を誘う待ちきれない良い香りに感じます。

でも翌朝には部屋にこもった独特の臭いが鼻に付き、料理の臭いだけではない何かと混ざり合ったような悪臭に感じることもありますね。
悪臭の原因はやはりシンクに放置されたゴミや汚れによるものです。

排水溝三角コーナーを見直してみましょう。

排水溝からの臭い

排水溝はキッチンの臭いの大きな原因になります。
ヌメヌメとした汚れは水垢や雑菌などが原因ですが、つい手をつけたくなくて掃除も後回しにしてしまいがちですね。

油汚れや食べカスなどが付着するとますます臭いも酷くなりますから、臭いが出る前に掃除をすると良いでしょう。
お酢重曹をふりかけて掃除をすると、シュワシュワと泡立ってキレイに汚れを落とすことができますよ。

 

三角コーナーからの臭い

三角コーナーを使っている場合は生ゴミの臭いと三角コーナー自体からも臭いが発生している可能性があります。
生ゴミは調理が終わるごとに一旦捨てて、その場にため込まないようにしましょう。

三角コーナーもこまめに洗って漂泊剤などで除菌をすると良いですね。

使う時だけ広げて使え、スーパーなどで貰えるポリ袋が利用できる生ゴミ入れも便利でおすすめです。


楽天市場

 

接着剤や塗料が原因の場合と対策

新築の家や家具にはまだ素材や接着剤、塗料の臭いが残っている場合があります。
せっかく新しい物を手に入れても臭いが強いと居心地が悪いですね。

時間と共に薄まっていく臭いですが、できるだけ気持ち良く過ごすための対処法をご紹介します。

 

新しい家具からの臭い

新調した家具からも新しいもの独特の臭いを感じます。
木材特有の森林のような香りであればそれほど違和感はないですし、時間と共に消えていくはずです。

問題なのは塗料や接着剤に含まれる化学物質
住宅の建築にはシックハウスのために様々な規制がありますが、家具にはそれがありません。
安価で販売されている家具は特に、腐らないように多くの薬剤が塗られている可能性がありますから、素材となる木材などに臭いが染みついてしまっているのかもしれませんね。

化学物質は高温多湿の場所にあると成分が揮発します
臭いが強い場合はあまり体内に吸い込みたくはないですね。
気分が悪くなってしまうこともあり得ます。

いずれ臭いは抜けきりますが、気になる場合は濡らした柔らかい布をよく絞ってから家具の表面に残る化学物質を拭き取っていきましょう
その後はとにかく換気をして臭いが抜けるのを待ちます。

 

新築やリフォーム後の家の壁の臭い

新築やリフォーム後も何か臭いを感じますね。
鼻にツンとくるような刺激のある臭いはやはり化学物質の可能性があります。

壁紙を貼り着けるときに使う接着剤や内部に施した防腐剤などが影響しているのかもしれません。
最近の建築では体に影響が出る物の使用は許可されていませんから、生活する上で心配は要らないとは思いますが、気になる場合は工務店に問い合わせた方が良いでしょう。

家具と同様に高温多湿の状態で化学物質はより揮発しますから、換気をする前に十分部屋を暖めてから窓を解放すると良いでしょう。
何回か繰り返していくことで、気になる臭いを感じなくなるはずです。

 

洗濯物が原因の場合と対策

梅雨の時期や外に洗濯物が干せない時は部屋干しをする機会も増えますね。
締めきって空気がこもった部屋の中に湿った服が何枚も広げられると、どうしても生乾きの嫌な臭いが発生してしまいます。

窓を開けて換気を良くするか、除湿器扇風機などを利用して風を通し湿気が一か所にこもらないようにしましょう。
乾燥機を使うのも雑菌の繁殖が防げるので衛生的ですよ。

また洗濯機が臭う可能性もありますから、洗濯槽のカビや汚れなども定期的に掃除をしておきたいですね。

 

生活習慣や環境が原因の場合と対策

家や物だけが臭いの原因とは限りません。
家族の生活習慣や環境が原因の場合もありますね。

自分から発している臭いは案外わからないものです。
身近な家族の生活習慣も当たり前となっていることが実は臭いの元だったりしますから、ちょっと見方を変えてみると良いかもしれません。

 

体臭やそれがついた衣服・寝具の臭い

体臭は同じ食事を摂っていてもその人の年齢や健康状態によって差が開きます。
汗っかきの人はそうじゃない人に比べて多く汗をかきますし、着替えずにそのままで過ごしていると服に染みつき体臭の元となってしまいます。

汗をかいていないと思っても1日過ごしているだけで皮脂や老廃物などが分泌されていますから、お風呂に入り疲れと一緒に汚れも落として心身共にリフレッシュするのが大切になります。

気に掛けるのは衣服だけでなく、一晩使った寝具も同じですね。
肌に触れる布製品は汗や汚れも吸収していますから、本人がいなくても臭いだけはそこに残ってしまいます。

こまめに洗濯をして清潔なものを使いたいですね。

 

食べ物やお酒・タバコの臭い

家で焼肉や香りの強い料理を食べた時は部屋中に臭いが充満してなかなか消えないんですよね。
お酒やタバコなどもずっと鼻に残ります。

臭いは絨毯やカーテンなど布物に染みついてしまっている可能性があります。
そうなると洗える物は良いですがソファや絨毯など洗えないものはどうにもしようがありませんね。

焼肉や焼き魚など油煙による臭いの場合は、部屋のあちこちに霧吹きで軽く水をふきかけて換気をしておくと臭いが消えていきます。
濡らしたタオルを振り回しても効果がありますよ。

タバコの臭いには灰皿にコーヒーかすを敷くと消臭効果が期待できます。
ほんのりコーヒーの香りもするので、コーヒー好きの方にはおすすめです。

 

飼っているペットの臭い

自宅でペットを飼っている場合はペットの臭いも気になりますね。
これも飼っている人は慣れてしまってあまり気にならない場合がありますから注意が必要です。

ペットの臭いはペットの身の回りの衛生状態と食べ物によって違いがあります。
室内で飼育されている場合は個体の性質にもよりますが月に1回程度のシャンプーが必要です。
夏場はもう少し頻度を多くした方が良いですね。
シャンプー後はしっかり乾かしてあげる事も大切です。

トイレの衛生状態も気を配りたいですね。
汚れたらすぐに取り換えて常にキレイな状態しにしておきましょう。

またついかわいくておやつを頻繁にあげてしまいたくなりますが、それが体臭を強くする原因になります。
特に脂分の多いものは避けた方がペットの健康のためにもおすすめです。

 

まとめ

家にこもる臭いは各家庭それぞれに違います。
家族が落ち着いて過ごす空間が、誰にとってもくつろげる居心地の良い香りに包まれているのが理想ですね。

そうは言っても使っている洗剤の香りや、ペットの有無、嗜好品の違いによって芳香剤ではごまかせない臭いはどうしてもあるはずです。

気をつけたいのは雑菌臭
キッチンや洗濯機などの水回りを中心に普段から目を光らせていると、臭いが留まらずに済むはずです。

最低でも1日1回は換気をして空気を入れ替えるのも大切ですね。
1番最初に人が訪れる玄関先には、自然な香りのアロマキャンドルや芳香剤をさり気なく使うと、第一印象から違うかもしれませんね。
強い香りが苦手な方は無臭タイプの消臭剤を使うのがおすすめです。

 

スポンサーリンク