毎日の手洗いや掃除、料理にも使う水道水。
蛇口の掃除も気にかけていたはずが、覗き込んで水の出口を見てみると何やら黒いものが見える・・・。
うわ!まさかカビ?信じたくない光景に目をそむけたくなりますね。

汚れた蛇口は水まで汚染してしまいますから、早急に掃除をしてカビは徹底除去しましょう。

 

スポンサーリンク

 

蛇口の周りには黒カビが溜まりやすい

蛇口から流れ出る水は浄化されたきれいな水です。
次から次へと流れ出る水の通り道は汚れなんて溜まりそうにありませんよね。
でも蛇口の先端、水が最後に通る吐水口(とすいこう)は水気が抜けるタイミングがありません
蛇口を締めても水道水はそこに留まっていたり、水を使っている時に跳ねた水が洗剤や汚れと混ざって付着しているかもしれません。

カビはあらゆる所で目にする可能性がありますが、特に注意が必要なのは水回りです。
水分の無い乾燥地帯では繁殖できませんから、水道周りは特に注意をしなくてはいけません。
キッチンでも浴室でも掃除のポイントとしてカビ対策は頭に置いていると思いますが、まさかの蛇口に黒カビが繁殖してしまうとちょっと凹みますね。

黒カビが繁殖を広げるには適度な湿気温度、それにエサとなる汚れが必要ですから考えてみれば蛇口だって汚れが溜まればカビに狙われても全くおかしくはないんです。
蛇口の周りは拭き掃除を心掛けていても、蛇口本体に汚れが残ってしまっていることもありますね。

汚れた蛇口から流れ出た水をうがいや調理に使ったとしても、すぐに健康被害にはなりません
水道水自体が除菌処理されていますから慌てる必要はありませんが、やっぱり気分の良いものではありませんね。
出来るだけ早い内に掃除をしてカビ除去をしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

蛇口のカビ除去には重曹とクエン酸がおすすめの理由

黒カビの除去といえば強力な洗剤で根こそぎ断ち切るイメージがありますね。
でも相手は蛇口・・・除菌されているとはいえ水道水の出口ですから不安な物は使いたくありません
だからといってスポンジやブラシなどでただ擦るだけでは汚れは落ちても除菌はどうでしょう?
掃除の後に口にするかと思うと悩んでしまいますね。

蛇口の黒カビを除去するには重曹クエン酸がおすすめです。
どちらも間違って体内に入っても問題無い成分ですから、安全性はOKですね。
蛇口に付いた主な汚れは水垢石鹸カス、それに食品のカスなどですからまずはそれらを分解する必要があります。
重曹は石鹸カスや食品汚れなどの酸性の汚れに強く、手垢などの油性の汚れも分解してくれます。
黒カビも酸性の汚れなんですよ。

クエン酸は水垢に強いので、水回りの掃除には活躍してくれますね。
2つを合わせて使うことで洗浄力も強くなります。
酸性の汚れとアルカリ性の水垢、性質が違う複雑な汚れが一ヵ所にこびりついてしまった場合は、重曹とクエン酸のWの効果を試してみてください。

クエン酸が無い場合はキッチンにあるお酢でも代用できます。
ただしすし酢など調味料が混ざっているものは効果が期待できませんから、純粋なお酢だけを使うようにしましょう。

 

重曹とお酢はしつこい排水口の掃除にも便利!
こちらの記事も参考にしてみてください(^-^)

 

蛇口のカビ除去の手順

重曹とクエン酸はエコな掃除の洗剤として注目されていますから、100円ショップなどでも手軽に購入が出来ますね。
それぞれを既に掃除に活用していてスプレーボトルに重曹水クエン酸水にして常備している方もいるかもしれません。

アルカリ性の重曹と酸性のクエン酸やお酢は混ぜ合わせると化学反応が起こります
シュワシュワと発泡してくるので、まるで理科の実験のようになります(^-^)
普段の掃除では単体で使っていますが、黒カビが発生するほどのしつこい汚れにはあえて化学反応によって起きる発泡パワーを汚れ落としに活用していきます。

泡がはじける力で汚れを蛇口から剥がす効果が期待できます。
成分が馴染みやすくなるというのもありますね。
重曹とクエン酸を使った蛇口の掃除方法をご紹介します。

 

用意する物

  • 重曹
  • クエン酸(またはお酢)
  • 使い古した歯ブラシ
  • スポンジ
  • 乾いたタオル

 

掃除の手順

  1. 少量の水を混ぜた重曹を歯ブラシにつけて汚れを擦る
  2. 重曹を流さないまま少量の水で溶いたクエン酸(またはお酢)を汚れにのせる
  3. シュワシュワと発泡してきたらしばらく時間をおく
  4. 蛇口周りの気になる汚れはスポンジで掃除する
  5. 仕上げに歯ブラシで汚れを軽く擦り落とす
  6. お湯で流して成分をしっかりすすぐ
  7. 乾いたタオルで水分を拭き乾燥させる

 
最初に大まかな汚れは重曹で落としてしまいます。
残った汚れもクエン酸を重ねて泡が出始めるとそれだけで汚れが浮いていきますから、あとは仕上げに軽く擦るだけできれいになります。
10分もかからずに掃除は終了しますから、黒カビを発見した時の動揺はあっという間に治まりますね。

 

まとめ

私達の生活だけでなく、生命にも無くてはならない水が黒カビで汚染されているかと思うと衝撃です。
普段目に見える部分はきれいにしていても、蛇口の吐水口なんて覗き込まないと見えないですもんね(;^ω^)

水回りは細かい部分まで気が抜けないのかもしれません。
水垢防止のためにも1日の終わりには水気を残さず拭き取るのがおすすめです。

蛇口の先端が取り外せるタイプなら時々外して手に取って掃除をすると良いですね。
取り外せない場合はここにも黒カビが生えるということを意識してお手入れを続けていきましょう。

 
毎日のお手入れを習慣にするといつもきれいなキッチンになりますね。
こちらの記事もおすすめです(^-^)

 

スポンサーリンク