キッチンにはいろいろなニオイの元がありますね。
それが食欲をそそられる良いニオイだけとは限らないのが残念なところ(;^ω^)
おいしいニオイの後にはちょっと嫌なニオイも漂ったりして・・・。
鼻をつまんでその場しのぎをするにも限界があります。
癒し効果もあるおすすめの消臭方法をご紹介しましょう。
 

スポンサーリンク

 

キッチンの消臭に効果的なアロマオイル

キッチンで意識することと言ったらまずは清潔ですよね。
「自分が作った料理で家族が体調を崩しでもしたら」と思うとゾッとします(>_<)
とにかく賞味期限に気をつけて、生食不可なものはじっくりと加熱をして時間と手間をかけているつもりです。

「お腹減った!」と家族に急かされてとりあえず食事をテーブルにセットして、キッチンの片づけもそこそこに食卓につくと結局片付けは後回し(;^ω^)
食後の片づけと一緒に全部まとめてやっつけよう!なんて思っていると、キッチンに戻る頃には生ゴミ辺りから嫌なニオイがしたりして・・・。

なんだかキッチンでの作業が苦行のように感じることってありませんか?
キッチン用の除菌消臭スプレーも市販されていますが、何となく消耗品にしては勿体なく感じてしまいます。
要は清潔にさえしてれば必要ないんだし・・・
自分なりにやってるつもりだし・・・
と除菌消臭スプレーを購入するきっかけというか、購買意欲がそそられないままニオイに向き合っている感じでしょうか。

鼻につくニオイってやっぱり無意識に反応してしまうものなんですよね。
反対に良い香りに包まれれば居心地よく過ごせるはずです。

消臭スプレーの替わりにアロマオイルの特性を活かしたキッチン用の万能スプレーが自分で作れるんですよ(^-^)
これなら自分の好きな香りが選べて、市販品よりも手軽なので納得して使えそうです。
どんなアロマオイルに消臭効果があるのかご紹介しますね。

 

  • ペパーミント

口臭対策にも良く使われるペパーミントの精油には空気をリフレッシュする作用があります。
殺菌・消臭効果で生ゴミなどの不快なニオイも気にならなくなりますよ。

  • ユーカリ

ユーカリの香りは呼吸を楽にしてくれる効果があり、晴れ晴れとした気持ちにさせてくれます。
殺菌・消臭効果はもちろん空気を清浄化してくれる作用もあります。

  • ティーツリー

フレッシュなグリーンの香りが特徴で様々なアロマオイルとも相性が良く人気です。
爽やかな香りはリフレッシュ効果もあり、抗真菌作用でカビ予防にも活躍してくれますから水回りには最適ですね。

  • ラベンダー

心地よい安らぎの香りというイメージが強いですが、「ラベンダー」という名前には“洗う”という意味もあるんだとか。
殺菌・消臭効果と癒しの両方が叶いますね。

  • オレンジ・レモン・グレープフルーツなど柑橘系

柑橘系の香りは食器用洗剤にはお馴染みですね。
殺菌・消臭効果のほかに油汚れに強い性質があります。
爽やかな香りで気分もリフレッシュされますからキッチンでの仕事もはかどりますね。

 

気になるキッチンのニオイにはこちらに記事も参考にしてみてください(^-^)


 

スポンサーリンク

 

消臭用アロマスプレーの作り方

たくさんの香りの中から自分の好きな香りを選べるというのもテンションが上がりますね(^-^)
アロマオイルは都会の専門店でしか買えないというのは大分昔の話で、今はコスメショップや雑貨店などでもかわいい小瓶に入って販売されています。

100円ショップでも見かけますが「エッセンシャルオイル」という表記がない場合は合成香料が使われているかもしれませんから注意が必要です。
100%天然の精油でなければアロマの効果は得られません。

キッチン用除菌消臭スプレーを作るのに必要なものは以下の3つになります。

  • 無水エタノール
  • 精製水(水道水でも可)
  • お好みのアロマオイル

 


Amazon.co.jp

無水エタノールや精製水はドラッグストアなどで購入ができます。
無水エタノールだけでも殺菌消臭効果がありますから、アロマオイルの効果をサポートしてくれます。
絶対に入れなくてはいけないという物ではありませんが、あればより強力な効果が期待できますね。

精製水は水道水でも問題はありませんが、水にはどうしても不純物が入りやすく時間と共に腐敗してしまいます。
水道水を使う場合は少な目に作って早めに使い切るようにしましょう。

 

消臭用アロマスプレーの作り方

  1. スプレー容器に無水エタノールを5ml(小さじ1)入れる
  2. お好みのアロマオイルを10滴入れる
  3. 精製水を45ml入れてよく混ぜる

 

アロマオイルは1種類だけでなく好みの香りをブレンドすると楽しいですよ。
単体ではキツイと感じる香りもほかのオイルを合わせることで緩和されて心地よい香りとなります。
自分好みの香りを探ってみるとハマるかもしれませんね。

ティーツリー・ユーカリ・ペパーミント・ラベンダー・柑橘系オイルなどの中で合計10滴程度になればOKです。
相性が良いオイルですから爽やかな香りが完成するはずですよ(#^^#)

 

キッチンの消臭にアロマを使うメリット

使い方は掃除をした後の気になる場所に吹きかけるだけと簡単です。
ちょっとした汚れならキッチンペーパーや雑巾に含ませて拭き掃除にも使えます
しつこい油汚れには柑橘系のアロマオイルを原液のまま使うとさらにきれいになりますよ。
植物由来のオイルですからキッチンで使うのにも不安はありませんね。

精油と水は分離してしまいますから、使用前にはよく振ってスプレー内のオイルの濃度が均一になる様にしましょう。
また保管場所は気温差が激しいキッチンに置きっぱなしではなく、冷蔵庫などの一定の温度で保てる冷暗所がおすすめです。
およそ1週間程度で使い切れきれると良いですね。
多めに作って捨ててしまうのも勿体ないですから、慣れてきたら使う量だけ作るようにすると無駄がありません。

キッチン以外にも使い道いろいろ(^-^)アロマの活用にはこちらの記事も参考にしてみてください。

 

まとめ

アロマオイル10滴の配合バランスを少し変えて週替わりで香りを楽しんでも良いですね。
特におすすめなのはペパーミントになります。
ペパーミントの殺菌力はとても強く0.04%の濃度でO-157を完全殺菌できることがわかっています。
なんとなく香りが良いとその分効果は薄いんじゃ?と疑ってしまいますが、アロマはとても心強いアイテムなんですね。

香りでリフレッシュができるのでモチベーションも上がります。
殺菌と消臭がメインのはずが、すっかりアロマの空気に癒されるキッチンになるかもしれませんね(^-^)
 

スポンサーリンク