自宅で1番くつろげるスペースと言えばソファーですね。
体ごと優しく受け止めてくれるので、うっかりすると寝落ちしてしまうことも(#^^#)
家族みんなで使う場所ですから、当然ながら汗や汚れも気になります。
丸洗いができないだけにどうやって清潔を保つべきか?
ソファーの掃除には重曹が便利ですよ。
 

スポンサーリンク

 

布製のソファーの掃除は重曹と掃除機を使うのがおすすめ

最近は布団でさえ丸洗いが出来るタイプが増えました。
やっぱり体に直接触れる布物はきっちり洗濯をして気持ち良く使いたいものです。

とはいえ布製のソファーはさすがに丸洗いとはいきませんね。
布団のように天日干しにするにも重すぎて無理(-_-;)
部屋の中にドンとあって家族がかわるがわるそこに座る訳ですから、汗や汚れも気になります。

小さな子どもであればお菓子の食べかすやよだれ、下手をすると落書きをされてしまうこともありますね。
少し大きくなっても今度は汗でビッショリのままもたれかかったり・・・。
そもそもリラックスして落ち着ける場所であるはずですが、見えない汚れや菌はどこまで広がっているのか、想像するとちょっとドキドキしてしまいますね。

小さなゴミなどは掃除機を使って吸い取れますが、染みついた汗や皮脂汚れは一体どうしたものでしょう?
これが思ったよりも簡単な方法で掃除ができるんです。

使う物は掃除機重曹、これだけです(^-^)

重曹は本当にいろんな掃除に使えて、料理にも使う位ですから安全性もバッチリ!
ソファーまできれいにしてくれるなんて、すごいですね。

 

重曹と掃除機を使った掃除の方法

重曹と掃除機を使ったソファーの掃除方法をご紹介します。
用意する物はたった2つだけですが、手順もとても簡単です。

  1. 最初に掃除機で大まかなゴミは取り除きます
  2. 重曹を粉のままソファーに振りかけます
  3. 一晩そのまま
  4. 翌朝掃除機で吸い取ります

 

重曹はアルカリ性なので皮脂汚れなど酸性の汚れを中和してくれる働きがあります。
まんべんなくソファーに振りかけると良いですね。

朝に掃除機をかけるには騒音が気になるといった場合には、日中2~3時間重曹を振りかけてその後に掃除機をかければ効果は変わりません。
掃除機をかける時はソファーの表面の布を傷つけないように、ノズルをブラシタイプに付け替えてから吸い取るようにしましょう。

同じ要領でなかなか洗えないカーペットも掃除ができますよ。
家族がいない時間を狙って重曹を振りかけて時間を置いてから吸い取ります。

皮脂汚れによってソファーの汚れやベタベタ感がある場合は、重曹水を浸してよく絞ったタオルをレンジで1度温めてから優しく擦るときれいに落とせます。
湿気が気になる場合は部屋の窓を開けてよく換気をしておきましょう。
仕上がりもふわふわになってソファーの気持良さが甦りますよ。

食べ物や飲み物がこぼれたシミがある場合は、重曹だけでは落ちにくいかもしれません。
温めた雑巾に中性洗剤を薄めて染み込ませ、上からトントンと叩くように汚れを落としていくと汚れが雑巾へと移っていくはずです。
 

スポンサーリンク

 

重曹スプレーには消臭効果もある

重曹の効果は洗浄だけではないんです。
重曹水を作って普段から吹きかけておくと消臭効果が得られます。

就寝前にシュシュっと吹きかければ翌朝には嫌な臭いは消えていますよ。
ソファーに限らず子どもが触れるぬいぐるみにも安全に使えますからおすすめです。

重曹水の作り方

重曹小さじ1杯に対し水またはぬるま湯を100ml注ぎます。
スプレー容器をよく振って重曹が溶け切れば完成です。

ドラッグストアなどで消臭用スプレーも多く販売されていますが、重曹ならケミカルなものは一切含まれていませんから、小さなお子さんやペットがいるご家庭でも安心ですね。
特にソファーは家族の肌が直接触れる場所ですから、嫌な臭いは残したくありません。

リビングに置かれている布製のソファーは、見た目では解りづらいですが埃が溜まりやすい場所です。
消臭効果もある重曹スプレーですが、スプレー後に硬く絞った雑巾で拭くと汚れも取り除けるので毎日のお手入れとして使っても良いですね。


出典:サニクリーン

 

まとめ

ソファーの掃除や消臭に重曹は粉のままでも、水に溶かしてスプレー状にしても使えて便利ですね。

ソファーは布製とは限らず革製のものもありますが、革製品の汚れにも重曹は使えます。
革張りのソファーの場合は水と混ぜてペースト状にした重曹を汚れに塗り、一晩置いて拭き取るといった方法になりますが、誤った洗剤を使って革を傷める心配もありませんから安心ですね。

布製のソファは革製のものに比べて安価でバリエーションも豊富です。
フローリングの部屋が圧倒的に増えている現代では極普通に家にある家具のひとつとなっています。

カバーが取り外しできるタイプであれば年に1~2回はクリーニングに出したいですね。
毎日のお手入れなら重曹があれば頼もしいと思います。

お気に入りの家具はできるだけ長く愛用したいものです。
いつも家族を包んでくれるソファーは丁寧に掃除をしていつも清潔な状態を保ちたいですね。

 

スポンサーリンク