1日の中でもシーツの上で過ごす時間は長いですね。
眠ってる間も相当な汗をかいています。
シーツの洗濯は頻繁に行いますが、正しい洗い方があるのはご存知でしょうか?
案外、洗濯機に丸めてポイという流れが定着していたりします(;^ω^)
せっかくなら繊維の奥の汚れまで落としていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

シーツを洗濯機で洗う前に絵表示を確認する

シーツに洗い方なんて!?洗濯機に入れればそれで終わりでしょう?と思っている方も多いと思います。
私もその1人(#^^#)
機械任せでもきれいに汚れは落とせるはず・・・、特に染みや外の汚れも付かないものは洗剤と水で回転させたら繊維に染み込んだ汚れも振り切れるような気がします。
最新の洗濯機なんて水の量も抑えつつしっかり洗濯してくれますから、今使ってる洗濯機が壊れてもいない内から欲しくなっちゃいますね。

洗濯機頼みの洗濯でももちろん間違いではありませんが洗濯機に入れる前の準備段階が大切です。
シーツのような大物を洗うにはコツがいります。
頭部があたる部分と足元では汚れ具合も違いますし、表と裏もありますね。
丸めてポイっと洗濯機に投げ入れれば、その状態のまま水と洗剤が浸透していきますから、本来ちゃんと洗いたい部分がただ濡らして乾燥させただけの状態になってしまうかもしれません。

その前に本当に洗濯機を使って大丈夫なのか、洗濯表示を確認する必要がありますね。
手洗い表示の物を洗濯機で洗ってしまうと、どうしてもヨレたり擦れたりして生地を傷めてしまうことになります。

シーツの端に付いている洗濯の絵表示を事前にしっかり確認しておきましょう。
愛用のシーツを長く使用するためにも必要な作業になります。


出典:LION

洗濯表示は2016年12月から世界共通の絵表示に変わりました
新旧が混在している間はちょっと混乱してしまいますが、桶に水が入っているイラストが書かれていれば自宅での洗濯が可能です。
桶に手が入っているイラストの場合は手洗い推奨になりますから、洗濯機洗いは避けた方が良いですね。

 

スポンサーリンク

 

シーツを洗濯機で洗う手順

シーツを洗う時にはネットに入れて洗うのがおすすめです。
繊維は水分を含むと変形しやすくなってしまいます。
そのまま洗うとヨレたりシワになってしまうので、大物のシーツは特に大変ですね。

洗濯ネットはサイズも豊富で100円ショップでも手軽に購入できますから、シーツが入る大き目サイズを用意しましょう。
小さすぎては均等に洗えませんし、大きすぎても生地をカバーしきれません。
折りたたんで入れてちょうどピッタリのサイズがおすすめです。
ネットが毛羽立ちを防止して糸くずや汚れだけをしっかり取り除いてくれますよ。

 


出典:LION

 

まずは洗濯ネットにシーツを蛇腹折りにして入れます。
汚れが気になる部分が表面になるように畳むと良いですね。
蛇腹に畳む事で洗剤が均等に行きわたり、生地のダメージを最小限にしてくれます。

 

  1. シーツを蛇腹折りにして洗濯ネットに入れる
  2. 中性洗剤を入れる
  3. シーツの洗濯表示に従って「標準」か「手洗い(ドライ)」コースを選ぶ
  4. 洗濯スタート

●のり剤を使う場合

  1. 洗濯終了後「洗い」と「脱水」をセットする
  2. 水が溜まったらのり剤を入れてよく混ぜて溶かす
  3. 3分程度洗濯機を回したら脱水は軽めで切り上げる

 

のり剤を使うとアイロン無しでもホテルのようなパリっとした仕上がりになります。
ただその分吸水性は落ちますから好みは分かれるかもしれませんね。


出典:Amazon.co.jp

黄ばみが気になる白いシーツは漂白剤を使うときれいになります。
洗濯槽の中に洗剤を入れた後、漂白剤を入れて混ぜ30分程度つけ置きをしてから洗っていきます。

 

 

シーツの次は毛布もきれいにしたくなりますね。
こちらの記事も参考にしてみてください(^-^)

 

シーツを洗濯機で洗った後の干し方

シーツのような大きなものはまず干す場所を考えてしまいますね。
1日でしっかり乾ききるようにお天気の良い日を選びます。
うっかり干すのを忘れてしまうと洗濯機の中でシワが伸ばせないまま半乾きの状態になってしまいます。
そうなるとそれ以上シワが伸ばせなくなってしまいますから注意したいですね。

シーツの干し方は出来るだけ表面に風があたるようにするのがベストです。
とはいえ他にも洗濯物があったり、干し場所が狭くシーツだけに幅が取れないケースもありますね。
物干し竿にドーンと掛けなくてもハンガー2本を使って狭いスペースでも効率よく乾かす方法があります。

まず洗いあがったシーツを縦に3つ折りにします。
4つ折りでも良いですが、面倒でも3つ折りの方が早く乾きます。
ハンガー2本にシーツを通し入れ、真ん中と両サイドが風に当たるように適度な距離を開けてハンガーを洗濯バサミなどで固定します。
風で飛ばないようにシーツとハンガーも留めておきましょう。

スペースに余裕がある場合は竿を2本使ったM字干しや角を下に向ける三角干しがおすすめです。
生地が重ならず、水分の抜けが良いので早く乾かせます。

 


出典:COMERI.COM

 

角ハンガーが1つ空いていればシーツを横向きにしてじゃばら干しをするのもおすすめです。

 


出典:花王くらしの研究所

 

まとめ

シーツを洗う時にきちんと畳むと洗剤と水が均等に行きわたり全体がスッキリと洗えます。
ただ洗って干すよりもずっと清潔さをキープ出来ますから、少しの手間でもやりがいはありますね。

洗剤は粉末の方が寝汗や皮脂汚れをしっかり分解してくれますが、溶け残りが心配です。
粉末を使う場合はぬるま湯でしっかりと溶かしてから運転をスタートした方が良いですね。
液体タイプでも汚れは落とせますよ。

柔軟剤を使っても良いですが、のり剤と同様に吸水性が落ちてしまいます。
寝ている間によく汗をかくのであれば使用しない方が良いかもしれません。

シーツは最低でも週に1回は洗濯をしておきたいですね。
干し方も工夫次第で何通りもありますから、自宅のスペースに合わせてアレンジするのがおすすめです。
乾燥機があれば短時間でふっくらと乾かせますからどんどん活用しましょう。

 

シーツをめくったら黄ばみを見つけてしまうかも!?
こちらの記事も参考にしてみてください(^-^)

 

スポンサーリンク