フローリングはこまめなお掃除も欠かせませんが、定期的にワックスがけもしておきたいところ。
ピカピカできれいになる上、床材の保護にもなりますよ。

でも正直ちょっと面倒くさい(*´Д`)
上手く塗れてるのかイマイチわからない部分もありますよね。
シートタイプなら簡単で手間も掛からないのでおすすめです!

 

スポンサーリンク

 

シートタイプのワックスなら作業時間が短くて済む

最近の間取りはフローリングの部屋が基本になっていますよね。
畳敷きの和室が1部屋あるか無いか・・・。
畳でゴロ寝して過ごすのも好きですが、クッションやソファーにもたれて過ごすのも楽。
床に足をたたんで座るよりも椅子で過ごす方がやっぱり姿勢が伸びるかもしれません。
生活スタイルの変化やスタイリッシュさを追い求めただけでなく、快適さからも洋風が選ばれているのかもしれませんね。

掃除の面でもフローリングの方が気になる汚れにもすぐに対処できます
ゴミやホコリだけでなく、飲み物をうっかりこぼしてしまっても床がフローリングならそれ程慌てる必要もありません。
雑巾でササっと拭き取ればOKですから、シミも気になりませんね。
カーペットやラグを敷いている場合はちょっと冷や汗かきますが、それでも大きいもので無ければ場合によっては丸洗いも出来るでしょう(^-^)

和室の場合は数年ごとに畳の表替えを考えなくてはいけませんが、フローリングの場合はワックスがけでメンテナンスをしていきます
どうしても人の足が表面を擦って行き交いますから、そのままでは徐々に床材にダメージを与えてしまいます。
表面に何のコーティングも施していなければ、傷がつきやすく汚れも落としづらくなってしまいますね。
劣化した床材はその上を歩く人の安全も保てなくなり、やがて張り替えとなってしまうかもしれません。
出来るだけ良い状態のフローリングをキープするために、ワックスがけは重要な作業になります。

でもやり慣れていないとどんなワックスを選んでどんな方法で行うものなのか、スタート地点から悩んでしまいますね。
おすすめなのはシートタイプです。
普段のお掃除でもよく使っているお掃除シートでワックスがけも出来るんです。
雑巾がけの手間が半分以下になるのと同様に、ワックスがけの手間も時間も短縮されて、初めての方でも簡単にワックスがけが出来ますよ。

 

スポンサーリンク

 

シートタイプのワックスのかけ方

 

ワックスは液体タイプやスプレータイプなどがありますが、シートタイプは手軽で準備も後片付けもいらないのが魅力です。
よくネット通販で見かける業務用の液体ワックスは何か本格的な雰囲気がしますが、やっぱり成分の濃度が濃く上級者向けのようです。
何度か重ねて塗って乾拭きで仕上げることできれいな光沢のある床になりますが、家庭用ではない分材質によっては合わない可能性もありますから注意が必要ですね。

シートタイプは最初から手軽にワックスが掛けられる家庭用として開発されていますから、どのメーカーを選んでも失敗は無いと思います。
シートタイプのワックスのかけ方をご紹介しましょう。

 

  1. 掃除機やドライシートでゴミやホコリを取り除く
  2. 水拭きで油汚れを拭き取る
  3. 乾拭きをして水分を拭き取る
  4. ワックスシートで木目に沿ってワックス掛けをする
  5. 部屋の奥からスタートして入口に向かって部屋全体に掛ける
  6. 完全に乾燥するまで待つ

 

 
仕上がり具合によっては1度乾燥させてから2度塗りしても良いですね。
全体にムラなく塗れるとピカピカになりますよ。

シートタイプのワックスの注意点

腰を落として手で拭き上げるよりも、立ったまま体重をかけて拭き進めるシートタイプは体力的にも楽ですね。
雑巾を使った方がエコですが、ワックス剤が染み込んだ物は使い捨てできた方が後始末にありがたいかもしれません(#^^#)

ただシートタイプは予め適量のワックス剤がシートに染み込んでいます
1番最初に乗せる部分に1番多くワックス剤が付いてしまいますから、そこから手早く伸ばす必要がありますね。

床にゴミが残っていたり、水拭き後の水分が残ったままではワックス掛けの仕上がりに影響してしまいます。
下準備の掃除も気を抜かないようにしましょう。

シートタイプは液体タイプに比べると手軽さが重視されている分、耐久性や仕上がりはやや劣ります。
でも簡単にワックス掛けが出来ますから、忙しい時にはとても重宝しますね。
本格的なワックス掛けの合間に使っても良いですし、定期的なワックスの基本使いとしても便利です。

 

おすすめのシートタイプのワックス

シートタイプのワックスはメーカーによって耐久性や乾燥までの時間に違いがあります。
香り付きのものまでありますから、ワックスがけも楽しんで出来るかもしれませんね。
おすすめのシートタイプのワックスをご紹介します。

 

リンレイ オールワックスシート 4枚入  ¥387(税込)~


楽天市場

手持ちのワイパーに取り付けるだけで簡単にワックス掛けができます。
10分程で乾き約4ヶ月効果が持続するので手軽でも本格的ですね。

 

リンレイ つやピカワックスシート ナチュラルハーブの香り 10枚入り ¥204(税込)~


楽天市場

香料が配合されているので、心地よい香りを感じながらワックスがけが出来ます。
効果は約1ヶ月ほどで床面に香りは残りませんから安心して使えます。

 

AURO アウロ フローリングワックスシート 10枚入 ¥540(税込)~


楽天市場

天然成分100%なので小さなお子さんやペットがいるご家庭でも安心ですね。
拭き掃除とワックス掛けがこれ1枚で可能です。

 

まとめ

ほとんどの市販品は手持ちのワイパーに取り付け可能ですから、ドライタイプのものと併用して使っても良いですね。
数か月持続するものもあれば、2週間程度のものあります。
こまめに掃除をするのであれば掃除とワックス掛けが一体になっているものでも問題ありません。
今までのワックス掛けに比べてもシートタイプならグンと手間が省けますね。

1回使い捨てですから衛生的で2度拭きをすれば艶も出ます。
簡単でも床面に薄く伸びてしっかりコーティングしてくれますから心強いですね。

 

フローリングのワックスがけにはこちらの記事も参考にしてみてください(^-^)

 

スポンサーリンク