カーペットって1度敷いたらそのままにしているケースが多いですよね。
汚れたら水拭きして除菌してとにかく乾かす!
でもこんなことの繰り返しで本当に清潔が保てているのか・・・ちょっと疑問です(;^ω^)
丸洗いするにも大きさがある分戸惑いますね。
大丈夫!洗濯機に働いてもらう方法がありますよ(^-^)

 

スポンサーリンク

 

始めにカーペットが洗濯機で洗える素材かを確認する

フローリングの場合そのままではヒンヤリしてくつろげないし、和室でも部屋の雰囲気に合わせてカーペットラグを敷く事がありますね。
足を伸ばして座ったり、ゴロンと寝転んでみたりと自宅では自分が1番楽な姿勢で過ごします。

掃除は掃除機や粘着テープがついたコロコロでゴミを取り除く程度でしょうか。
小さめのラグなら布団のように天日干しも出来ますが、部屋全面に敷いている場合はそれも難しいですね。

目立った汚れが無くても家族がその上を行き来したり、時には寝転んだりしているとなれば当然汗や皮脂汚れも付いているはず(-_-;)
洗えない布製品用の除菌スプレーもありますが、染みついた汚れを落としてくれるものではありませんから、サッパリさせるにはやっぱり洗って干したいですね。

大物洗いは大変ですが、カーペットの洗濯表示を確認してみましょう。
手洗い表示や洗濯機OKの表示がされていれば丸洗いができますよ。


©wakuwaku通販

 

スポンサーリンク

 

洗濯機でカーペットを洗う前の下準備

洗濯機で洗えることを確認したら洗濯する前の下準備をしておきましょう。
や小さなゴミ、それに髪の毛は乾いている状態でしっかり払い除けたいですね。

ここでしっかり掃除機で吸い取っておきたいのですが、カーペットの目の奥に入り込んだ小さなゴミは事前にブラシでかき出しておくと普段の掃除では取りきれないゴミまで取り除けます。

用意するのはペット用のブラシや使わなくなった歯ブラシ
毛足が長めなカーペットの場合は普段踏みつけているのとは反対方向へ流すように、色が濃くなる方向にブラッシングをしていきます。
その後しっかり掃除機をかけましょう。

カーペットに気になるシミがある場合は洗濯機に入れる前にシミ抜きをしておきます。
洗濯用の洗剤を薄めて布に染み込ませ、色落ちしないか念のため目立たない部分でテストしてから使っていきましょう。
シミはあまり擦らず優しく叩いて布に汚れを移すようにすると良いですね。
シミの中心から落とし始めると水分から汚れが広がってしまう可能性がありますから、周囲から中心に向かって叩き落とすのがコツになります。
食べこぼしのような食品汚れには食器用洗剤を薄めて使うと効果がありますよ。

 

洗濯機を使ったカーペットの洗い方

洗濯表示がOKで洗濯機に入る大きさのカーペットであれば洗濯機を使って洗っていきましょう。
用意したいのは大きな洗濯ネットです。
1番大きい洗濯ネットでもそのままではとても入りませんから、カーペットは小さくまとめてから入れます。
均等に洗えるように蛇腹折りにしておきましょう。

洗濯ネットが無い場合は洗濯中の偏り防止と色移り予防のためにもで一括りにしておきます。
洗濯機の比重バランスが崩れると途中でエラーになってしまう場合もありますから、まとめておく必要があります。
摩擦によってカーペットを傷め無いためにもネットや紐を利用しましょう。

 

カーペットの洗い方

  1. カーペットの埃やゴミを掃除機で取り除く
  2. シミがあれば事前に染み抜きをする
  3. カーペットを蛇腹折りにして洗濯機に入るサイズまでまとめる
  4. 洗濯ネットに入れる(無ければ紐で束ねる)
  5. 大物洗いコースや毛布洗いコースを選択する
  6. 洗濯用洗剤を入れて洗濯スタート

 



洗濯用の洗剤と一緒に液体の酸素系漂白剤を入れると殺菌と消臭効果が上がります
粉末タイプでは成分が強いため色落ちする心配がありますから、液体を使うようにしましょう。

 

洗濯機でカーペットを洗った後の干し方

洗濯機から終了を知らせる音がしたらいよいよ干していきます。
干すスペースもしっかり確保しておきたいですね。
カーペットを洗う前に天気予報もしっかり確認しておきましょう。
厚手のため1日では乾ききらず取り込めない場合もありますから、続けて晴天が続く時が良いですね。

大物を乾かすにはコツがあります。
普通に折り返して干すのではなく、三角形になるように斜めに干すのがポイントです。
水分が角の一点に集まって抜けやすくなりますよ。
時々角の位置を回して変えておくと水分が上手く分散されて乾きが早くなります。


©KOMERI.COM

斜め干しではスペースが足りない場合は、物干し竿を2本にして間をたるませ両サイドの竿にかけるM字干しもおすすめです。
物干し竿が1本しかない場合はハンガーを数本掛けた上からカーペットを干すと、前後がくっつかないので空気が入り込む分乾きやすくなりますね。

 

まとめ

大きいものの洗濯は時間だけでなくお天気にも左右されますね。
週間天気予報で「ここだ!」という日を見極めて準備をすると良いかもしれません。

丸洗いが出来ると溜まった汚れも一気に落とせて気持ちが良いですね
カーペットの上に直に座っても肌ざわりが良くなっていると思います。

年に1回でもお洗濯を繰り返せばお気に入りのカーペットもきれいな状態で長持ちします。
サラサラの肌触りのカーペットなら、手足を伸ばしてリラックスしたくなりますよ(^-^)

 

カーペットがきれいになったら次なる大物はカーテンでしょうか。
カーテンの洗い方にはこちらの記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク