久しぶりに動かしたエアコンから嫌な臭いを感じた事がある人は多いと思います。
「掃除してね!」と臭いで催促されているようなものですね(^-^;

本格的な掃除は素人には難しそうに思えますがフィルター掃除なら簡単にできそうですね。
でもそのフィルターにカビを見つけてしまったら?・・・(>_<)
カビの対処法をご紹介します。
 

スポンサーリンク

 

エアコンフィルターのカビ取りに必要な道具

エアコンのスイッチをオンにしてしばらくすると、部屋の空気が設定した温度を目指し適温に変わっていきます。
エアコンは周りの空気を取り込んだ後、内部で冷やしたり温めたりしてまた再び部屋に戻してくれます。
運転を始めてすぐに臭いが気になり出したとしたら、やっぱりエアコンの内部に問題があると言えますね。
無臭だったはずの空気がエアコンを通り抜けると嫌な臭いになるのが何よりの証拠です。

臭いには必ず原因があります。
使った雑巾を丸めて放置しておくと、きれいな場所をちょっと拭いただけでも数時間で嫌な臭いを放ち始めますよね。
適度な温度の中で湿気と汚れがあれば雑菌はどんな場所でも繁殖してしまいます
エアコンの内部も例外ではありません。
空気の温度を調節してくれる家電なんだから嫌な臭いを振りまくのはおかしいと思うところもありますが、空気の温度調整をしてくれるからこそ、カビや雑菌が好んで住み着いてしまうんです。

空気を冷やす時に発生する結露、空気を取り込む時に一緒に入り込む埃やゴミなどからカビは繁殖していってしまいます。
毎日洗濯する衣類とは違いエアコン掃除はせいぜいが数か月に1回位が一般的ですから、一度カビが住み着いてしまうとフィルターに付いた埃をただ吸い取るだけでは繁殖を抑えられませんね。

カビはしっかり除菌して部屋の空気をきれいにしていきましょう。

フィルターのカビ掃除に必要な道具

  • 掃除機
  • 雑巾
  • 中性洗剤(キッチン用でOK)
  • スポンジ
  • 使い古した歯ブラシ



中性洗剤ではなくエアコン内部の洗浄にも使えるエアコンクリーナーを使っても良いですね。
カビが気になる場合は除菌タイプの中性洗剤を使った方がより効果が期待できます。


Amazon.co.jp

気になるエアコンの臭いの原因とは?こちらに記事も参考にしてみてください(^-^)

 

スポンサーリンク

 

エアコンフィルターのカビ取り方法

エアコンは高い位置に取り付けられているものがほとんどですから、まずは脚立や安定感のある椅子を使ってフィルターを取り外します。
本体前面のパネルを両手で手前に引くと簡単に取り外せる仕組みになっています。

フィルターに埃がたくさん付いているからと取り外さずに掃除機で先に吸い取ってしまう方もいますが、カビが付いている場合には大変危険です。
誤ってカビが目に入ってしまうと角膜の病気になってしまうかもしれません。
最悪は角膜移植も検討しなくてはならないほど、カビが体内に入ると深刻な状態になりかねませんから、取り扱う際は十分な注意が必要ですね。

 

フィルター掃除の方法

  1. エアコンのコンセントを抜く
  2. エアコンからフィルターをそっと取り外す
  3. 掃除機で埃を吸い取る
  4. 裏面も丁寧に掃除機をかけ目詰まりを防ぐ
  5. 裏面側からシャワーで洗い流す
  6. 中性洗剤(またはエアコンクリーナー)を使って洗浄する
  7. スポンジと歯ブラシを使って四隅まで丁寧に洗う
  8. カビが気になる場合は除菌用洗剤かエアコンクリーナーに浸けて10分程度時間をおく
  9. 水で洗い流す
  10. 雑巾で軽く水気を拭き取ったら陰干しをする
  11. しっかり乾いたのを確認してからエアコンに取り付ける



 
浴室で洗い流す場合は仕上げに45℃~60℃のお湯をかけ流すとさらに殺菌効果が期待できますよ。
すぐに使いたいからと言って半乾きの状態でエアコン本体に取り付けて使用すると、せっかく除菌できたところにまたカビが住み着く条件が整ってしまいます。
しっかり乾燥させて使うのがポイントになりますね。

 

エアコンフィルターのカビを防ぐ方法

エアコンにカビが生えてしまうと臭いだけでなく体調不良にまで発展しかねません。
本来は空気の温度調節をして居心地良くしたいだけなのに、カビの発見が遅れれば気付かなかったにせよそれだけ長く不衛生な空気で暮らさなければいけませんね。
カビがはびこる空気に居ては小さなお子さんや免疫力が低下している時は大人でも、アレルギーなどを引き起こしてしまうかもしれません。

エアコンフィルターにカビを見つけたら本体内部も気になりますね。
空気を冷やしたり温めたりする熱交換器「フィン」と空気を送り出す部分になる「ファン」はカビが好む場所になります。
湿気と汚れが付着しやすいので定期的な掃除が必要と言えますが、最近のエアコンは内部にクリーニング機能が備わっています
手が届かない内部を正確に洗浄するには分解が必要ですから、むやみに自分で作業すると後悔する事になるかもしれません。

まずはフィルターの掃除を続けましょう。
最低でも1ヶ月に1回を目安に掃除をしていきたいですね。
表面に溜まった埃の中に部屋に浮遊していたカビの胞子が紛れているかもしれません。
こまめに掃除をすることでカビの繁殖を未然に防げるはずですね。

掃除だけでなくカビ予防には湿気対策も大切です。
エアコン内に湿気が溜まるのは主に空気を冷やす時に働いた時の結露が原因ですから、冷房と除湿で使った後はしばらく送風にして内側から乾燥させましょう。

外側からの湿気を吸い込む場合もありますね。
閉め切った部屋には空気がこもり、生活の中で様々な湿気が広がります。
当然見えない雑菌も浮遊しているでしょう。
その状態でエアコンを動かしても気持ちの良い空気は巡ってきませんね。
1日1回は窓を開けて外の新鮮な空気と入れ替えるようにしましょう。

  • 定期的なエアコンの掃除
  • エアコン内部の乾燥
  • 部屋の換気

まとめ

見えないものが大事とは言いますが、空気は人間だけでなく生き物にとってなくてはならない物ですよね。
都会は空気が澱んでいるなんて言葉を耳にする事もありますが、人が密集して暮らしていればやっぱり汚れは満ちてしまうもの(;^ω^)

便利な家電も正しく使わなければ正常に作動してくれなくなりますね。
定期的なクリーニングもそのひとつと言えそうです。

エアコンのフィルターは大きな面積で埃をキャッチしてくれていますから、こまめに掃除をする事が大切です。
湿気の多い季節や冷房を毎日のように使う時期は週に2回以上は掃除をしましょう。
1度しっかりカビを取り除き除菌をしたなら、溜まった埃を掃除機で吸い取るだけでもきれいになりますよ。

フィルター掃除をしても臭いが消えない場合は内部にまでカビが侵入しているのかもしれません。
無理はせず業者に依頼することを検討してみましょう。
市販のクリーナーもありますが使い方を間違うと故障の原因になってしまう可能性があります。

早い内にしっかり対処して長くきれいな空気で過ごせると良いですね。

部屋の空気をキレイにする空気清浄もあなどれません。
こちらの記事も参考にしてみてください(#^^#)

 

スポンサーリンク