ダイニングセットや生活空間で使う椅子は革張り布張りのものが多いでしょうか。
比較的身近なのは布張りの椅子ですね。
革製よりもカジュアルでカラフルなのでお気に入りも見つけやすいと思います。

ただ食べこぼしや汚れが付くとシミになってしまったりと掃除するにはちょっと大変なイメージもあります。
布製の椅子を使っている場合は出来るだけ汚さないように意識をして生活しているのではないでしょうか?

そうはいっても長く使っていれば汚れは浮き出てくるもの
見覚えのないシミに頭を抱えている方も多いかもしれません。

この記事ではそんな布製椅子の汚れだけを掃除する方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

布製の椅子を掃除する際に必要なもの

 

 

布製の椅子を掃除するにはちょっとしたテクニックで汚れを吸い取るのがおすすめです。
座面だけ取り外せるなら丸洗いも出来るかもしれませんが、そうじゃない場合は水やお湯につけ置きが出来ない分汚れを浮かせるコツが必要です。

 

  • ブラシ
  • 柔らかい布2枚(水拭き用と乾拭き用)
  • 中性洗剤
  • バケツ
  • ドライヤー
  • 掃除機

 

スポンサーリンク

 

布製の椅子の掃除方法


出典:クリンテック金澤

椅子の汚れは主に手垢などの皮脂汚れになります。
本来の色よりも黒ずんでくるのは皮脂汚れが酸化した結果ですね。
そこにホコリなども付着していますから、汚れが絡まっている可能性もあります。

表面のしつこい汚れは洗剤を使って叩くようにして落としていきます
ここであまり擦ってしまうと生地表面が毛羽立ったり、摩擦によって傷めてしまうかもしれませんから力加減は注意しましょう。

 

  1. ブラシや掃除機で表面に付いたホコリを払う
  2. 柔らかい布をぬるま湯に浸して固く絞る
  3. 軽く叩くようにして汚れを浮き立たせる
  4. 表面が湿ったら中性洗剤を水で薄めて布に浸す
  5. 汚れている部分を中心に叩いて汚れを布側へ移す
  6. 洗剤成分を取るようにもう一度水拭きをする
  7. 乾いた布で水分を拭き取る
  8. ドライヤーで乾かす
  9. 陰干しをしてしっかり乾燥させる

 

生地が丈夫で毛羽立ちなどの心配がない場合は使い古した歯ブラシで部分的に叩くのもおすすめです。
なかなか汚れが取れない場合は洗剤で叩いた後、乾いた布をあてて掃除機で吸引するのも効果があります。
デリケートな生地の場合はあまり無理はしない方が良いですね。
色落ちなどしないか、洗剤を使う時は目立たない場所で一度試してみてから全体に使うようにしましょう。

 

こちらは車のシミ抜きのために開発された商品ですが、素材を傷める心配が少なく、生地の色抜けもしにくいので安心して使えますね。

最近人気のメッシュの椅子の掃除方法はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

汚れがひどくならないように普段から出来る手入れ方法

大分汚れてから慌てて掃除をしてもなかなか新品同様とまで回復させるのは難しいですね。
普段からちょっとしたお手入れを心掛けていると汚れが溜まりにくくなります

基本的には水を使ったお掃除はおすすめできません。
どうしても摩擦によって生地を傷めてしまいます。
食べこぼしや飲み物をこぼしてしまった時など、目立った汚れに対処する時だけにしておきましょう。

普段のお手入れは柔らかいブラシを使って表面のホコリを取り除き、掃除機で吸い取る程度で十分です。
皮脂汚れが気になる場合は座面にカバーをするか薄手のクッションを敷いても良いかもしれません。
直接手が触れないようにして使えばキレイな状態が長くキープ出来ますね。
カバーは取り外して丸洗い出来ますから衛生的に使えます。

気になる汚れを見つけたら出来るだけ早く対処しましょう。
放っておく時間が長いほど汚れは落としいにくくなってしまいますよ。


出典:Yahoo!ショッピング

 

まとめ

椅子の汚れは使う頻度や年月によって違います
よく座る椅子ほど汚れや劣化が目立ってしまうのは当然ですね。
使い込む椅子ならなおのことメンテナンスが大切になります。
布製の椅子は汚れや湿気がこもるとカビなどが生えてしまう場合もありますから、使わない時にはよく換気をして湿気を取り除くのがおすすめです。

水を使った掃除をしたら必ず乾拭きで水分を取り除きしっかり乾燥させましょう。
お気に入りのカバーを掛けたら雰囲気も変わるかもしれませんね。

 

椅子と同じくソファーも掃除にはコツがいります。
こちらの記事も参考にしてみてください(^-^)

 

スポンサーリンク