自宅で仕事をしている方やオフィスにお勤めの方でデスクワークの場合、長時間お世話になるのが椅子ですね。
全体重を預ける信頼のおけるパートナーです。
仕事に集中して椅子のお手入れを忘れてしまうと、思いのほか汚れが溜まっているかもしれません。
最近人気のメッシュの椅子の掃除方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

メッシュの椅子掃除で水洗いは良くない

普段使っている家具の掃除って、汚れが気になった時に集中して行うくらいでしょうか。
あとは大掃除とか大事なお客様が来る予定が入った時(;^ω^)

ダイニングテーブルなら毎日の食事の後片付けで机はしっかり拭きあげますね。
何なら除菌まで意識しているかもしれません。
でも椅子はよほど食べこぼしでも無い限りはササっとチェックして表面のホコリを拭き取る程度でしょうか。

ダイニングで使う椅子なら食事の時に座るだけで、四六時中お尻の圧迫を受けるわけではありませんから、使わない時は空気の流れを受けてそれなりに換気が出来ていると思います。
でも職場や自宅でメッシュの椅子を使っていると、やけに汚れが気になってしまいます。
メッシュ地は軽くてお尻のホールド力が高く、長時間座っていても疲れにくいのがメリットです。
オフィスではスタイリッシュさも人気で取り入れている企業も増えていますね。
でも編み目の部分には擦れる度にホコリやゴミが侵入して、排出できるタイミングが無いまま時間だけが過ぎてしまいます。

ふと立ち上がって振り返った拍子に自分が座っていた場所の汚れに驚くこともあるようです。
自宅で使っている場合ならまだしもオフィスなら周囲の目も気になりますよね。
汚れが気になったらすぐに掃除をするのが鉄則ですが、メッシュの椅子の汚れは単に拭き掃除だけでは網の目に入り込んだ汚れは取り切れないですよね。

でもメッシュの椅子は水洗いが厳禁なんです。
汗などの通気性も良く、一見汚れにも強そうな素材ですが水に濡れると繊維が縮んだりシミのようなものが現れる可能性があります
チャチャっと水洗いできるかと思ったらそうでもありませんから、丁寧にお掃除していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

メッシュの椅子の汚れが軽い場合

汚れが付いて時間が経っていない場合や、比較的軽い汚れの場合は早めに対処すればきれいな状態に戻せます。
出来れば外せるパーツを外して丁寧に掃除をしたいところですが、時間が無かったりオフィスで仕事中にそこまでは出来ない空気もありますね。

オフィスでは休憩時間を活用すると良いかもしれません。
同じ椅子を使っている同僚に感心されるかもしれませんね(#^^#)

自宅で使っている場合は仕事がひと段落して時間に余裕がある時を見計らって掃除を進めましょう。


楽天市場

 

使うもの

バシャバシャと水を掛けては洗えませんが、軽い汚れなら洗剤の力を借りて拭き掃除をするのがおすすめです。

  • 中性洗剤または重曹水
  • 雑巾
  • ぬるま湯
  • 使い古した歯ブラシ

 

掃除の手順

自宅なら洗面器やバケツにぬるま湯を張って作業出来ますが、オフィスではあまり大掛かりな事はできませんね。
特に水をデスクに持ち込むのは危険です(;^ω^)

面倒でも給湯室に運ぶか、デスクとお湯の出る場所を往復した方が無難かもしれません。
臨機応変に対応しましょう。

 

  1. 歯ブラシで網の目に入り込んだホコリやゴミをかき出す
  2. ぬるま湯に中性洗剤(キッチン用でOK)を10倍程度に薄める
  3. 雑巾を浸して固く絞る
  4. 汚れ部分を叩くようにして拭き取る
  5. 水拭きをして洗剤成分を拭き取る
  6. 乾拭きをしてよく乾燥させる

 

重曹があればお湯1ℓに対し大さじ4杯の重曹を入れて溶かし、雑巾に浸して洗剤替わりに使えます。
重曹は皮脂汚れに強く消臭効果もあり、何より安全な成分なので体に触れる椅子の掃除にも安心ですね。

 

メッシュの椅子の汚れがしつこい場合

お尻の下に敷いていて座ってしまえば自分の視界には入らない分、椅子の汚れには気付きにくいですね。
中性洗剤や重曹でも落としきれない汚れにはもう一段強い洗剤を使って掃除をしてみましょう

なんとなく自分が不在の時に汚れた椅子に誰かが注目しても嫌ですよね・・・。
何事も無かったように掃除をすればきれい好きのイメージで信頼度も上がるかもしれませんよ(^_-)-☆

 

使うもの

中性洗剤や重曹の代わりに酸素系漂白剤を使って掃除をしていきます。
塩素系ではなく酸素系の漂白剤なら素材を傷めることなく汚れだけを分解できます
自宅なら余っても洗濯やお掃除に使えますよ。


楽天市場

 

掃除の手順

手順は中性洗剤や重曹と同じでゴミをかき出した後に酸素系漂白剤を規定量のぬるま湯で薄め、雑巾に浸して拭き取ります。
ここでも擦るのではなく軽く叩くようにして雑巾に汚れを移すようにするのがポイントです。
あまり強く擦ると汚れが繊維の奥に入り込んでしまったり、摩擦によって座面を傷めてしまうかもしれませんから無理は禁物ですね。

 

まとめ

椅子のメンテナンスって案外忘れがちですね。
急にギシギシと音がして慌てて油を挿したりして(;^ω^)

忙しくしていると目の前のことに追われて、自分のお尻の下にまで気がいきませんから気付いた時には相当なゴミや汚れが付いてしまっているかもしれません。
汚れは気付かない内に椅子の素材を傷め下手をすると嫌な臭いまで発生してしまうかもしれません。

良い仕事はきれいな椅子の上で完成するのかもしれませんよ。
自分が使っている物にも気配りができる余裕をもちたいですね。

 

オフィスや仕事場所の掃除にはこちらの記事を参考にしてみてください(^-^)

 

スポンサーリンク