キッチンハイターって毎日は使わないし、除菌が出来る洗剤の登場で近頃は存在が薄くなっているような(;^ω^)
でもその実力は家庭用洗剤の中でもかなりの強力さ!
今まで悩んでいた黒カビにもしっかり働いてくれるんです。
成分の扱いにはいろいろ注意が必要ですが、お風呂場が気持ち良いほど白くなりますよ。

 

スポンサーリンク

 

キッチンハイターがお風呂のカビ取りにも効果的な理由

キッチンハイターというくらいですから、キッチンにしか使えないように思いますよね。
通常はキッチンのまな板やふきんなどを除菌するのに活躍しています。
でもその成分は殺菌力の高い次亜塩素酸ナトリウムで、浴室に使われるカビキラーと同じなんです。
食べ物を扱うキッチンで使えるものですから、浴室や洗面所など他の水回りの除菌にも問題なく使えますよ。

お風呂掃除は毎日それなりにやっているつもりでも、気付くと部屋の隅に黒っぽい影が出来てしまうことも(>_<)
ゴムパッキンとか細かい部分は特に落としづらいんですよね。
表面はきれいなったようでも、時間が経つとまた同じところに現れたりして・・・。
ほとんど追いかけっこのようで、段々気分も諦めモードになってしまいます。

でもやっぱりリラックスしたいお風呂場に黒カビが同居しているなんて嫌ですよね。
しっかり殺菌除去するにはカビキラーよりもキッチンハイターの方がおすすめなんです。

カビキラーとキッチンハイターは同じ塩素系の強い洗剤です。
でも泡タイプのカビキラーよりも薄めて使う液体のキッチンハイターの方が成分の濃度が濃いんです。
泡ではなく液体であるのがポイントです。
キッチンハイターも泡タイプではカビキラーとほぼ同じで効果に差はありません。

液体のキッチンハイターは泡タイプに比べると10倍もの次亜塩素酸ナトリウムが配合されています。
それを水で薄めて使うように注意書きに書かれていますが、それをちょっとコントロールして使うと見違えるほど白くなるんです。

ただし、本来の使い方から外れた方法で使用しますから取り扱いには十分注意が必要なのは心しておきましょう。


楽天市場

 

スポンサーリンク

 

キッチンハイターを使ったお風呂のカビ取り方法

塩素系の洗剤を使う場合は必ずゴム手袋をして換気をしてから始めるようにします。
成分が強力なので原液をそのまま触らないように注意しましょう。

黒カビの範囲が小さい場合はキッチンハイターを直接かけて落としていきますが、壁の目地や広い範囲ではボトルのままでは量の調節が難しいですね。
スプレー容器に移し替えて使いたいところですが、専用の容器以外では破損してしまう恐れがあります。
移し替えて使う場合はよく注意をして、使用後はハイターを入れたまま放置せず必ず洗っておきましょう。
間違って自分の手肌に付くと最悪炎症などが起きてしまうかもしれません。
できればスプレーで噴射して使うよりも、雑巾や歯ブラシに浸して汚れと馴染ませた方が安心です。

キッチンで使う時は水で薄めて使っていましたが、お風呂場の黒カビ掃除の場合は原液のまま使っていきます。

 

  1. 黒カビにキッチンハイターをかける
  2. 5~10 分時間をおく
  3. シャワーなどで洗い流す

 
泡と違って液体では液だれしてしまいカビに密着しないまま流れてしまいます。
壁などを掃除する場合はキッチンペーパーをあてて湿布のようにして成分を留まらせると効果がありますよ。
 

 
片栗粉を1:1の割合にして混ぜるとペースト状になって汚れに留まりやすいですね。
頑固な汚れにはこちらもおすすめです。

 

まずはカビキラーから試したいという方にはこちらの記事がおすすめです(^-^)

 

キッチンハイターでお風呂のカビを取る時の注意点

キッチンハイターで黒カビ掃除をすると時間も掛からずに真っ白になりますが、その分いくつか注意しなければならないことがあります。

まず塩素系洗剤の取り扱いですね。
以下の3つは鉄則と言えます。

 

  • 換気をする
  • 素手では触らない(ゴム手袋の着用)
  • 他の洗剤と混ぜない

 

さらに本来は水で薄めて使うものを原液で使用しますから、自己責任で行わなければならない部分も大きいですね。
キッチンハイターの注意事項にも「原液では使わない」と記載されています。
それだけ強力な洗剤ですからゴム手袋はもちろんですがマスクやゴーグルも装着したいですね。

また塩素系の洗剤は他の洗剤と混ぜると化学変化により有毒ガスが発生してしまいます。
浴室を掃除した後に続けて使うのは避けた方が良いですね。
しっかり洗剤を流し水分が乾燥した状態で使った方が洗剤濃度も変わらずに除菌ができます。

漂白力が強いので衣服に付くと付着した部分だけが白くなってしまいます。
汚れても良い服装で換気扇だけでなく窓やドアなど出来るだけ開けられる場所は開けて、換気を良くして作業しましょう。

 

まとめ

カビキラーでも落ちなかった黒カビがきれいになると嬉しいですね。
まさかキッチン用の洗剤がお風呂のカビに効果があるなんて、キッチン用もあなどれません(^-^)

ただし注意点は必ず確認してから作業をしましょう。
塩素系の洗剤は直接手で触れると皮膚の表面を溶かしてしまうほど危険です。
もちろんすぐに皮膚がめくれてしまう訳ではありませんが、肌の弱い人には十分な注意が必要ですね。

目や口の中といった粘膜に侵入しても厄介です。
痛みによって病院に通う事になってしまいます。
液体が使いにくいからと安易にスプレー容器に移して使うと飛散によって思わぬところに付着してしまう可能性もありますね。
カビキラーも安全面から泡で出るタイプのみで販売されています。

強力な分注意は必要ですが、濃度が高い塩素系と言ったらやっぱりキッチンハイターになります。
カビキラーを切らしてしまった時でも使えますよ。
お風呂の黒カビ除去の奥の手として活用していきたいですね。

 

やっぱりカビキラー派という方にはこちらの記事がおすすめです(^-^)

 

スポンサーリンク