毎日使うお風呂。
自分の身体をきれいにする場所なだけに、バスルームも清潔に保ちたいですね。
ホテルのようなクオリティまでは求めないけど、せめて水垢や黒ずみは除去しておきたい!
頑固な汚れには必殺技が効きますよ(^-^)
汚れ別のアイテムをご紹介します。
 

スポンサーリンク

 

湯垢や皮脂汚れには重曹がおすすめ

普段のお風呂掃除はどうしてますか?
自分が最後に入る場合はバスルームも最後に掃除して水で流してから退室する方もいるでしょうし、浴槽のお湯を張る前や入浴前の準備として掃除をする方もいますよね。
どちらにしても何かしら毎日心掛けていることはあると思います。

でもバスルームのカベや床には薄っすらと垢や汚れがこびりついくるんですよね・・・(>_<)

本来はカビ等を防止するために毎日バスルームは冷水を流して温度を下げ、使用後のバスタオルや専用の布などで水分を全て拭き取るのがべストなんです。
ちょっとした汚れであれば湿度が高い状態なら浮かびやすく落としやすくなりますから、掃除のチャンスは入浴後と言えますね。

毎日のお掃除にはお風呂用の中性洗剤とスポンジなどで十分汚れは落とせますが、徐々に蓄積される湯垢や皮脂汚れは軽い掃除だけでは完全に落としきれなくなっていきます。
そんな時は月に1~2回ほど念入りにお掃除する日を決めて徹底的にキレイにしてみましょう。

湯垢や皮脂汚れに対抗するには重曹がおすすめです。
お掃除アイテムとしてもすっかり定着した重曹は100円ショップでも手軽に購入出来ますね。

重曹は酸性の汚れに効力を発揮してくれます。
皮脂汚れや石鹸カスには、もってこいなんですよ(^_-)-☆

重曹はスプレー容器に入れて重曹水スプレーとして使うと便利です。

 

☆重曹水液の作り方
重曹小さじ1杯に対し水またはぬるま湯を100ml注ぎます。
スプレー容器をよく振って重曹が溶け切れば完成です。

使い方も簡単です。

①重曹水を床や気になる場所にスプレーする

②スポンジやブラシでこする

③水で流す

 

 

軽い汚れならこれだけでとてもキレイになりますよ。
重曹スプレーでも落としきれない汚れには重曹の力をさらに上げていきましょう。
続いて重曹ペーストの作り方をご紹介しますね。

 

☆重曹ペーストの作り方
バスルームにある洗面器等を利用して、重曹2に対して水を1の割合で混ぜ合わせます。
(重曹20gであれば、であれば水は10mlでOKです。)

頑固な汚れにはこの重曹ペーストをパックの要領で使うと効果が期待出来ます。

①重曹スプレーで落ちなかった部分に重曹ペーストを塗る

②その上にラップを被せ30分程時間を置く

③スポンジで優しくこすり落とす

 

 

この方法ならある程度の汚れも元通りの白さまで戻すことが出来ます。
これでも汚れ落ちがもの足りない場合は、ラップを被せる時に重曹ペーストを染み込ませたキッチンペーパーを挟んで、半日ほど時間をかけてみると良いでしょう。
重曹ペーストの量と時間は汚れ具合で調節するのがおすすめです。
 

スポンサーリンク

 

水垢にはクエン酸がおすすめ

水回りのお掃除には付きものの水垢・・・これも落としても落としても現れるんですよね(>_<)
水垢を見つけるとお掃除をサボってたのがすぐにバレてしまう気がします。

水垢は皮脂汚れとは違うアルカリ性の汚れになります。
アルカリ性の汚れ落としには酸性の洗剤が効果を発揮してくれますよ。

こちらも100円ショップで手軽に入手できるクエン酸。
これが水垢を落とす必須アイテムになります。

クエン酸もスプレー容器に水と合わせてクエン酸水液を作っておくと便利です。

 

☆クエン酸水液の作り方
クエン酸粉末小さじ1に対し水またはぬるま湯を200ml注ぎます。
容器を良く振って混ぜ合わせれば完成です。

使い方は水垢が気になるところに吹きかけてスポンジなどで軽くこするだけと簡単です。
壁やドアなど水が飛び散る場所全てに使えますから、1本常備しておくと手軽にお掃除ができますね。
スプレーしただけで落ちない水垢にはクエン酸水を使ってパックをすると汚れが浮き出してきます。

①汚れが気になる場所にキッチンペーパーを敷きクエン酸水をたっぷり吹きかける

②乾燥しないようにラップをかけ2~3時間置いてからスポンジなどでこすり洗いをする

③水で洗い流す

 

 

クエン酸の代わりに穀物酢を使っても効果が期待出来ますよ。
酸の力が汚れに浸透すればそれほど力を加えなくてもキレイになります。
蛇口や鏡のお掃除にも適しています。

 

落ちない水垢にはダイヤモンドパッド

重曹やクエン酸を試してもまだ落ちない汚れには必殺の最終アイテムを使いましょう!
少し前まではお掃除のプロが使っていたようなアイテムも、今は一般向けに市販されています。
1回分ずつが小分けになって販売されていますから、必要な分だけを無駄無く使えて便利です。

頑固な水垢汚れにおすすめなのは「ダイヤモンドパッド」です。
ダイヤモンドパッドとはその名の通り人工ダイヤモンドをスポンジの表面付けた研磨材になります。
毎日使いこんだ水回りの水垢はちょっとやそっとこすってもビクともしないんですよね(^-^;
そんな時は人工ダイヤモンドの細かい粒子が削り落としてくれます。


Amazon

 

お掃除用品を取り扱う各メーカーから500円前後で販売されています。
もっと手軽なものは100円ショップでも水垢対策として手に入りますから、お掃除コーナーを確認してみてくださいね。


蛇口や鏡のような反射する素材もピカピカに磨きあがりますから、嬉しいですよね(^-^)

 

ダイヤモンドパッドの使い方も簡単です。

①使いたい部分を水洗いしておく

②ダイヤモンドパッドを見ずで湿らせてから汚れた部分を軽くこする

③最後に水で汚れを流してから布で水分を拭き取る

 

 

注意点としてはダイヤモンドパッドは必ず濡らしてから使いましょう。
そのままで使うと傷がついてしまう可能性があります。
こする時も円を描くように指先で軽くこするだけで大丈夫ですよ(#^^#)

 

まとめ

気になる汚れが一気にキレイになると、バスルームをリフォームしたようなスッキリとした気分になりますね。
一旦キレイになれば、次からは小まめに汚れに対処出来ますから、次回の掃除も楽になると思います。

重曹水とクエン酸水は常備しておくと目に付いた汚れにすぐに対処出来ますから、バスルームに限らず洗面所やキッチンのお掃除にも活躍してくれますよ(^-^)

1度作ったら2週間程度を目安に使い切るか新しいものを作るのがおすすめです。
濃度が濃く冷暗所で保管できるならもう少し長持ちするようですが、どうしても雑菌が繁殖しやすくなってしまいますから、作り方も簡単ですし必要量だけを作る方が安心ですね。

スポンサーリンク