MT4の知っておくと便利な機能

2022

世界で多くのトレーダーに利用されているMT4は、日本でも愛用者が多い。MT4のことなら熟知しているトレーダーもいると思うが、まだそこまで行かないMT4初級者のために知っておいたほうがいい機能をまとめてみた。

愛用者が多いMT4

 

MT4(メタトレーダー4)は世界で多くのトレーダーが利用しているトレードツールだ。MT4 ダウンロードは日本語でも簡単にできるため、日本人トレーダーの中にもMT4の愛用者は多い。

この記事を読んでいる人の中には、すでにMT4のことなら熟知しているトレーダーもいるかもしれない。しかしまだそこまでMT4に熟達していないトレーダーのために、知っておいたほうがいい機能をお伝えする。

スマホでのプッシュ通知

 

まずMT4で注文が約定した場合にスマホでプッシュ通知を受け取る方法。普通はスマホのプッシュ通知はアプリ上だけで設定できるのだが、MT4の場合はアプリとPC版両方での設定が必要になる。

最初にアプリとPC版両方のMT4をダウンロードする。アプリはiOS版ならApp Store、Android版ならGoogle Playでダウンロードできる。ダウンロードしたらアプリ上で通知設定をオンにする。

次にMetaQuotesIDというプッシュ通知に必要なIDを確認する。iOS版なら「設定」→「チャットとメッセージ」の順にタップすると一番下に表示される。Android版の場合はメニュー画面から「メッセージ」→「MQID」とタップすれば表示される。

次にPC版のMT4を開いて、「ツール」→「オプション」とクリックし、表示されたオプションウインドウで「通知機能」タブを開く。そこにある「プッシュ通知機能を有効にする」と「トレード処理を通知する」をチェックし、下の「MetaQuotesID」ボックスに先ほどアプリ上で確認したIDを入力する。あとは下の「OK」を押せば完了で、「MetaQuotesID」ボックスの右にある「テスト」ボタンを押すことでテスト通知ができる。

好きな時間足チャートを作る

 

MT4はチャート上で選択できる時間足が多くて使いやすいのだが、自分の好きな時間足のチャートを新たに作ることもできる。

まず〇分足、△時間足、あるいは×日足など、どの単位のチャートを作りたいのか決める。たとえば米ドル/円の3時間足チャートを作りたいとしよう。その場合、米ドル/円の1時間足チャートを開く。〇分足チャートを作りたいなら1分足、×日足なら日足と、作りたい単位の1つ分のチャートを開く。

そしてMT4の左にある「ナビゲーター」ウインドウの「スクリプト」にある、「PeriodConverter」を選んで先程開いたチャートまでドラッグ&ドロップする。

するとPeriodConverterのウインドウが開くので、「パラメーターの入力」タブを開いて「値」の下に作りたいチャートの数字を入れる。3時間足なら「3」と入力する。

次に左上の「bitcasino twitter」から「オフラインチャート」を選ぶ。そうするとオフライン・チャートリストが表示されるので、「USDJPY,H3」と書いてあるものがあったらそれを選んで「開く」をクリックすれば3時間足チャートが表示される。

まだまだ多いMT4の機能

 

MT4は優れたトレードツールで、ここで述べたもの以外にも多くの使える機能がある。それらを使いこなせるようになれば、トレードをもっと有利に進められるようになるだろう。

 

Comments

Copied title and URL